hiyakan:蔦屋家電にて実機展示中、同時にGreenFundingにてクラウドファンディング開始

当社が企画・開発したペルチェ素子+能作の錫で約10℃~55℃の温度の移ろいを愉しむ酒器「hiyakan」が蔦屋家電(東京・二子玉川)にて実機展示をいたします。

展示期間は2021年4月22日〜7月20日です。

先日、hiyakanプロジェクトオーナーでデザイナーの合同会社KISOの代表・加藤くんと蔦屋家電へ訪問しスタッフ様へ製品説明や開発背景などをお伝えさせていただきました。蔦屋家電へお越しいただければスタッフ様よりhiyakanについてのご説明をさせていただきます。

 

GreenFundingにて第2回目のhiyakanクラウドファンディングを実施中

 

Screenshot of greenfunding.jp

▶︎ GreenFunding販売ページはこちら

 

GREEN FUNDINGでの掲載を記念し、金箔の酒器を限定販売

hiyakanの錫酒器を手がける能作様へご協力いただき、酒器の内側を金箔で飾ったGreenFunding限定の製品も販売しています。

金箔は、元来祝い事に重宝されており、贈答品や家族の祝い事の席で用いられてきました。やわらかく機械作業に向かない錫の酒器を、能作の職人が一つ一つ手仕上げし、金沢の職人の手により一枚一枚金箔を貼っています。

なお、金箔モデルは酒器単体での販売もしています。能作の錫酒器に金箔を貼ったことで高価な商品となりましたが、テーブルを華やかに彩る金箔モデルも可愛がっていただきたいです。

Makuakeでのご注文分は2021年5月末より出荷開始

hiyakanは現在量産中で4月最終週には工場出荷されます。

国内でのキッティング作業ののち、5月末より出荷開始いたしますのでご購入のお客様は今しばらくお待ちください。

引き続きhiyakanをご愛顧いただけますようよろしくお願いいたします。

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。