採択結果:2019年度 小規模事業者持続化補助金

↑写真は四ッ谷駅前。四ツ谷駅は丘の上にあり、少し景色が開けるので好きな駅の一つです。ちなみに2回転職していますが勤務地はいつもここの界隈でした。市ヶ谷〜神田〜神保町〜市ヶ谷〜四ッ谷と言った遍歴。取り憑かれている、とさえ思ったものです。

さて先週末に高円寺の阿波踊りが終わりましたが相変わらず暑くてエアコン漬けです。そんな気候が影響してか今年はサンマが不漁なようで非常に心配しています。9月の楽しみといえばサンマの焼きと麦ロックであります。あっつあつの秋刀魚を食べて、麦ロックをごくごく飲みたい。ああ、飲みたい。

それはさておき、今年度の小規模事業者持続化補助金の採択が発表になりました。弊社で承った案件は全て採択されひと安心しております。

補助金の申請には大きくふたつのメリットがあります。

ひとつ目は、申請書類を作成するにあたり、事業の棚卸しができること。弊社で請け負う補助金申請資料では、各事業の結果を振り返り短期〜中長期の目標を立て明記する項目を設けています。売上に直結しているので「振り返り」をする機会は多いのですが、振り返りをベースに「将来の目標を設定する」というのは機会がないとなかなかできないことだと思います。その機会になっているのが補助金申請書類です。ちなみに弊社で請け負う資料では、中長期目標として2〜3年後の計画まで立てます妄想します。

ふたつ目は、やはりお金の補助を受けられることです。目標達成の為に、50万円の補助を受け、自分の商売の為に何ができるのか?何をやるのか?金額としては決して多くはないですが、知恵を絞り、想像力をもって色々企むのは楽しい作業です。

そんなこんなで、9月からは補助金事業の作業に入ります。サンマ+麦ロックでパワーチャージしながらじっくり取り掛かって参ります。

 

■PR

おそらく次年度も「小規模事業者持続化補助金」は実施されるのではないでしょうか。来年秋以降に着手し2020年中に公開すればOKなWEBなどのクリエイティブ案件、販売促進案件がありましたら補助金活用をぜひご検討ください。弊社でよろしければ相談も受け付けております。補助金使いたいんだけど・・と言っていただければまずは概要を説明させていただきます。もしよろしければ以下フォームに「補助金の相談」とだけ書いて送信ください。追ってメールにて連絡させていただきます。

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。