3.5インチ外付けハードディスクの企画および開発ディレクションをしました

ハードディスクの開発

テレビ録画を目的とした外付け3.5インチハードディスクの開発ディレクションを担当しました。

内蔵するHDDや工場など協力企業の選定、開発・製造をクライアントと協力企業の間に入りディレクションを実施。個装箱(パッケージ)、マニュアルなど全てクライアント様のPBとしてオリジナルで制作しました。

2019年3月より全国の量販店などにて販売開始されており、定番商品として継続して追加オーダーをいただいております。

HDDは製品の品質が上がりきった、と言われています。つまりこれ以上の改善が難しいレベルまで製品の品質が向上しており、ゆえに故障リスクが非常に低い製品です。テレビ録画用途で一般的になった製品で、使い方の周知も進んでおりサポートへの問い合わせも少なく故障も少ない。「手離れ」よく販売することが可能です。

プライベートブランド(PB)で外付けハードディスクの企画を検討されている場合はぜひご相談ください。

 

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。