好きなことをやりなさい:水木しげる

好きなことをやりなさい

・・・なんて勇気がでる言葉なのだ。

2015年11月30日に水木サンは亡くなった。

水木しげる・・・鳥取県境港で育ち東京都調布で暮らした漫画家。代表先はゲゲゲの鬼太郎。妖怪研究だけでなく民俗学にも長けている。

漫画《ゲゲゲの鬼太郎》は好きだが、それ以上に水木サンが大好きなので改めて水木さんの唱えた幸福の七カ条を共有。

幸福の七カ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

出典:水木サンの幸福論

水木サンの幸福論は東京都調布市の深大寺にある鬼太郎茶屋に行ったときに、娘が《水木しげる妖怪大図解》を欲しがり、本のコーナーに行ったときに見つけて買った文庫本。

内容は水木サンの幸福論に始まり、自身の幼少期~学生時代~戦争~貧乏時代~大繁忙時代が書かれた自伝的作品。

幸福論と銘打ってはいるが、内容は結構きびしく読んで気持ちが楽になる本ではない。

幸福論の字面だけ追っていると見えない人間の本質が書いてある。

この飲み方、サイコー
この飲み方、サイコー

ちなみに深大寺の鬼太郎茶屋に行くと、不定期でイベントをやっている。

前に行ったときは水木サン写真展をやっており、超絶オチャメな水木サンを拝むことができる。

オススメの場所。

鬼太郎茶屋

水木ワールド」を水木氏の第二の故郷でもある都内でも有数な緑豊かな地域、調布市「深大寺」門前に再現致しました。緑に囲まれた築40年余りの木造建築「鬼太郎茶屋」は、訪れた皆様をきっと懐かしい世界に御案内し、自然の素晴らしさを体感させてくれることでしょう。

住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8 ※深大寺門前

水木サン、安らかに見守りください。よろしくおねがいします。

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。