美味しい珈琲と美女のはなし

台湾イチの珈琲美女

このコーヒーショップでは店員さん(美女)がお客様ひとりひとりに「目の前で」コーヒーをドリップしてくれます。味はもちろん美味しいのですが、なによりその一連の作業を見るのがとても楽しいのです。

Zhanlu-coffee
Zhanlu-coffee

まずは目の前にドリップセットが丁寧に用意されます。
お湯を入れた美女がゆっくりと席までやってくる。挨拶したり軽口を叩いて少し笑ったりしていると、おもむろに美女にコーヒー豆の香りを嗅ぐよう勧められる。ゆっくりとうなずき少し腰を浮かせて焙煎して24時間以内の豆の香りを楽しむ。なんとも香ばしくフルーティではないか。「はやく、のみたい」・・・そんな気持ちを察したのか美女がコーヒーのドリップをはじめた。ゆっくりとコーヒーに潤いがひろがっていく。濃厚なイタリアンローストが湿っていく過程を楽しんでいると、早くも滴りはじめているではないか。先ほどとは比べものにならない強い香りが漂う。吸い込むと「ああ」と情けない声が漏れてしまった。すこし気を失っていたのか、気付くとドリップが終わり、美女がブランディグラスに微量のコーヒーを注いでくれティスティングをうながされた。ここへきて良いも悪いも無い。はやく飲みたいのだ。すこし考えたふりをして「OK」と言うと、ようやくカップにコーヒーを注いでくれた。その所作があまりに美しく時間の流れが急に遅くなったように感じた。

なんで突然こんなエピソードかというと、先日知人社長と話をしていた時に「独自化」についての話題になり、このZhanlu-coffeeというコーヒーショップの話を自分が考える成功例としてさせてもらったからです。

Zhanlu Coffee
Zhanlu Coffee

台北にあるZhanlu-coffeeは数ある台湾コーヒーショップのなかでも(注:台湾はコーヒー文化がとても進化している)ピカイチで、まあ店員さんが美人だというのは置いておいても笑、味・接客・店舗の雰囲気・テイクアウト商材・出店しているエリア、どれをとっても満足させてくれます。同時に商売人にとっては非常に勉強になるので機会を見つけては美女を眺めに、もとい、勉強しに伺っております。

Zhanlu-coffee

Zhanlu Coffee Only is a specialty coffee shop that got its Chinese name (湛盧 – Zhan Lu in Chinese pronunciation) from a legendary master sword-maker Ou Yezi of the Yue State during the Warring States Period, when he forged one of the five treasured swords called Zhan Lu. Sitting beside a seemingly hot furnace where the Zhan Lu treasured sword may have been forged, and having a cup of hand-brewed coffee is a joy in life.
The coffee beans of JEANLOOK come from all over the world’s famous producing countries, undergoing the process of roasting, grinding, and the professional touch of a coffee barista who brews your coffee right beside your table; you are going to experience the exquisite flavor of a true hand-brewed coffee.

 

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。