なぜJANコードが必要なのか?

JANコード

当社ではWEBコンテンツの作成のほか、商品企画や商品販売の事業もいたしております。

6月より本格的にECでの商品販売準備にとりかかっており当社専用のJANコード取得を進めておりますので、本日はその話題を書いてみます。

そもそもJANコードとは?

JANコードとは「Japanese Article Number」の略で日本で最も普及している商品識別コードです。13桁(例外あり)の数列で成り立っており、(国コード)+(メーカーコード)+(商品アイテムコード)+(チェックデジット)で構成されています。

つまりJANコードを見れば、(どの国の)+(どのメーカーの)+(どの商品)なのかがわかるのです。

企業はこのメーカーコードを「一般財団法人 流通システム開発センター」へ申請し取得することでJANコードの発行ができるようになります。

なぜJANコードが必要なのか?

レジでピッとやってもらうのに必要だからです(笑)。でもこの「ピッ」が重要でして、JANコードが無いとピッとしてもらえないのです。・・・ということは、JANコードがない商品はお店で販売させてもらえないのです。(例外ありますが・・)

したがって商品を市場で流通させるためにはJANコードの取得が必須となります。

で、ナードワード社はどんな商品を売るのか?

まずは雑貨の販売準備をすすめています。現在、クライアントから請け負っている商品企画業務はすべて「通電モノ」と呼ばれる電気駆動する商品ですが当社オリジナル商品としてまずは雑貨販売からスタートします。通電モノは認証、保証、サポートなど敷居が高いので現在の当社には時期尚早だと判断しています。意外と慎重なんですな、社長。

当社商品の販売はオンラインのみ。

WordPressに決済システムを埋め込むのか、それともECサービスを活用するのかを含めて事業規模を鑑み検討しています。とはいえ勝手知ったる業界ですので、仕様さえ決めてしまえば即日開店できる状況です。

自社ECで商品販売をするにあたっての自社でのモノ・カネ・データの流れを明確にし、第二段階として社外の販売店への卸売を実現します。そのためのJANコード取得ですから。

乞うご期待!

國安 淳史
外資系IT企業、ヘルスケアメーカー、PC周辺機器メーカーを経て2018年独立。2000年代から一貫してWEB/商品企画に携わってきました。趣味は音楽(Punk, Jam, Rock, Jazz)、読書(花村萬月、三島由紀夫)、飲酒(新宿を愛す)。1976年 長野県佐久市生まれ 東京都在住。